のんびりちゃきの新米ママノート

0歳児を持つ非情報系ブロガーの日常(育休中)

確定申告マメ知識①医療費控除って何それ?と思う人が今のうちに知っておきたいこと

ちょっと前に住民税の通知がきたから勉強してみたことを記事にしていました。

それの話題つながりで、今日は医療費控除についてまとめてみました。

 

〜〜〜

【追記 2017.9.13】

平成29年分確定申告から医療費控除の領収書提出が不要となり、代わりに医療費控除の明細書の提出が必要となったそうです。

https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/pdf/iryoukoujyo_meisai.pdf

以下記事は平成28年分提出まで一般的であった事項がまとめられていますので、平成29年分提出時は最新情報を確認の上、提出されることをオススメします。

〜〜〜

 

特に!

今年出産を迎える私たちは必ずと言っていいほど通るであろう険しい道です。

だけど子どもが生まれたら確定申告なんて面倒な作業を0から勉強してやるなんて真っ平ゴメンのはず。

しかも今のうちに知っておかないと損することもあるので、これを機会にぜひ準備を始めておくことをオススメします!!

 

今日、具体的に話す内容はこれ。超入門!

  1. 医療費控除って何?
  2. 今のうちからできること
  3. 確定申告の基本のキ!
  4. 確定申告で準備しておくもの
  5. まとめ

ではいってみよー(*^_^*)

 

医療費控除って何?

医療費控除ってそもそも何?っていう質問。

シンプルに答えるなら確定申告をして所得税と住民税を安くできるものです。

「うち、医療費すげーかかったから、税金高いのマジで勘弁!払えないよー!」

って人のための制度ってわけ。

 

所得税も住民税も個人が働いたり利益を得たときのお金に対してかかる税金ですが、所得税は国に払い、住民税は市区町村に払うという点で異なります。

だからぶっちゃけ、「税金?払う払う〜!確定申告なんて面倒だから安くならなくてもオッケー♪」って人は、今すぐブラウザ閉じてください。

やらなくても良いなら、読むだけ時間の無駄!私はそんなの嫌だけどね!!w

29年分の医療費控除やるなら、大事なのはこれ!

 

  • 29年1月1月から12月31日までにかかった同一生計家族の医療費が対象
  • 一般的には病院や薬局で支払った自己負担分の医療費が対象だけど、風邪薬などドラッグストアで買った医薬品もオッケー
  • 公共交通機関なら交通費もオッケー(タクシーは時と場合による)
  • 医療費支払総額が10万円超えていたら間違いなく医療費控除を申告できる(稼ぎが少なければ10万円超えなくても申告できる場合あり、保険等で戻りがあればそれを差引いた額)
  • 医療費控除したければ領収書の原本が必ず必要になる(交通費はメモ程度で◎)

 

出産するまでに支払った妊婦健診も、切迫早産で飲むことになった薬も、大部分が対象になりますよ!

ただし、出産育児一時金が42万円出る人や入院費が任意保険で補填できた場合などは、それも加味していくら自己負担したかがポイントですのでご注意を。

具体的な手続きについては、後の項目「確定申告の基本のキ!」で説明しますね♪

 

今のうちからできること

実は今からできることがあるんです。

日頃からこれをやっておくかどうかで、年明けの作業が楽になる…!?

 

  • 医療費の領収書を溜めるファイルを作って家族に周知しておく
  • 保管は人ごと/病院ごとしておくと尚良し
  • 明細書の様式だけ準備して、あとは集計すれば良い状態にしておく

 

これだけでもやっておけば、めちゃくちゃ楽です…!!!

ほんと悪いこと言わないから、今までの話が1ミリも意味分からなくても、上の3項目だけ騙されたと思ってやってみて。無理?ならせめて上の2項目だけでもいいから!

おそらく話を聞くに、子育てしながら家中に散らばった領収書をかき集めるのは不可能だと思います。子育て舐めちゃいかん!

領収書がなければ医療費控除の申告はできませんので、必ず領収書はとっておいてください。

明細書はね、ちゃんとしてあればなんでも大丈夫。手書きでもいいし、パソコンできればエクセルが楽な人もいるかも。

一応、私が使っている様式を載せておきますので参考にしてください。とりあえず似たような項目が網羅されていれば任意の様式で大丈夫ですよ♪

f:id:chakirhythm:20170615070605j:plain

 

確定申告の基本のキ!

給与所得者の場合のすごいざっくりとしたスケジュールを載せます。

f:id:chakirhythm:20170615074330j:plain

 

とりあえず難しいことは後で考えるとして、今覚えておくことはこれね!

 

  • 確定申告は年明けの期間内(おそらく30年2月16日〜3月15日)に提出する
  • 提出先は管轄の税務署
  • 申告期間中は税務署や市区町村が申告会場を設けているので活用できる
  • しかし期間中は激混みなので子連れは無謀、分からないことは年内に税務署へ聞いておくと良い
  • マイナンバーカードとカードリーダーがあれば国税庁のHPで電子申告することも可

 

以上。

今年分の申告についてはまだまだ案内は先ですが、例年と大きく変わらなければ今掲載されている28年分の案内でも十分参考になると思います。

国税庁や市区町村のHPを見ておくと良いかもしれません。

参考に国税庁の確定申告書作成コーナーのリンクと新宿区のお知らせページのリンクを貼っておきます。

平成28年分 確定申告特集|国税庁

https://www.city.shinjuku.lg.jp/foreign/japanese/oshirase/150110/150110_3.html

 

確定申告で準備しておくもの

確定申告の内容によって準備しておくものは異なります。一般的な給与所得者で年末調整しており、医療費控除しか追加しない場合の基本はこれ。

 

  • 年末調整済みの源泉徴収票
  • 人ごと/病院ごとにまとめた医療費の明細書
  • 医療費領収書原本
  • 認印
  • 申告者の通帳
  • マイナンバーカード(または通知カードと身分証)

 

今年の年の途中で退職すれば、年末調整未済の源泉徴収票になる場合もあります。退職時に受け取る可能性もありますから、確定申告まで捨てずに持っておいてください!!

源泉徴収票も必ず原本が必要になりますので…。

 

まとめ

さっきもどこかで言ったけど、難しいことは後で確定申告やるときに嫌でも考えなきゃなので今はいいですw

とりあえず今理解しておくことはこれ。

 

  • 必要な書類をなくさず保管しておく
  • 年末くらいにまた確定申告について調べれば良い
  • 何か質問があれば早めに税務署へ

 

これさえ覚えておけば、後でいくらでも挽回できます。特に書類の保管ね…。

この記事がどなたかの参考になれば幸いです♪

長々とありがとうございました(´ω`)