【出産レポ②】陣痛を耐える、いきみ逃し、そして出産…

前記事からの続きです( ˆoˆ )/

時間などメモれなかったので、およそになりますが。。。

 

6:30

まずは助産師さんの内診。


「子宮口は変わらず2.5…3センチまではどうかな〜。でも子宮頸管は短くなってぺらっぺらになってて良い状態!家で頑張ったね、ここ来るのにはちょうど良いときですよ」

と、先ほど電話で対応してくれた助産師さんに褒められました。褒められて嬉しい気持ちと、「ほれみろ!辛かったんだよ!!」と早く入院したかった気持ちとか複雑だった(笑)
でもこんなに痛くてまだ子宮口3センチとか…まだまだじゃん。

白目剥きそう。マジか。


8:00

朝食。無理、食べられないどころか見たくもない。
内診してもらうとちょっと開いてきたらしい…6センチくらい?ようやく半分か。まだまだだ…もう相当に辛い。痛みがくるたび唸り声あげたくなる。

ひたすら呼吸意識。口をすぼめて細く長く…耐えられなくなってきたら、あえて「スゥゥゥゥゥウウウウウウ」と声も出した。
子宮口開くの遅くない?って思ったけど助産師さん曰く順調らしい。何度も子宮口確認してもらいたかったけど、およそ1時間に1回くらいの内診だった。


夜勤から日勤に交代したようで、朝とは違う助産師さんが挨拶に来た。今日は助産師見習いの学生さんが来てるので一緒に介助してもいいか聞かれる。

でも痛くて朦朧としてるから、挨拶し返す余裕なし。
でも学生さんといえば付きっ切りで見てくれそう?と、心強いパートナーだと確信しそれは即オッケーとした。だって分娩室から助産師さんいなくなったら心細くて仕方ないもん…!

結果これ正解。背中さすってくれたり会陰押さえしてくれたり最高のパートナーになってくれました。

自分のラッキーさに乾杯(´;Д;`)

 

11:00

子宮口8センチ!!

こんな痛いのにまだ足りないのか…( ゚д゚)!?!?

痛みもだーーーいぶ強くなって来て、身をよじって分娩台の手すりにしがみつきながら痛みに耐える時間が続く。

 

f:id:chakirhythm:20171022054430j:image

↑実際の画像。右手の包帯は点滴のルートをとってあるのです。いつでも点滴準備オッケー!ってやつ。

 

旦那も助産師さんの手が離れてるときは会陰押さえしたり水飲ませてくれたり一緒に頑張ってくれました。余計な声かけとかされなくて返って良かったです。

でも彼、肉体系で会陰押さえめっちゃ強くやってたらしいけど、全然力抜いてるかのように感じてたから、赤ちゃんの押し出す力って相当なのかもしれない。


実は分娩室に入った時、昼前には生まれるかもと言われてたらしいけど陣痛の間隔が遠のいたりしてなかなか進まない。
でも痛みは最初のときよりも格段に強くなっていて、この辺りからイキみたい感覚を味わうことに。その度にアワワと情けない声が出た。

お腹に力が勝手に入って肛門を押されている感覚。助産師さんの学生さんはその押されてる感覚を会陰押さえしながら感じてフムフムと勉強してて、そういうこともするんだと感心。

この時にはNSTで張りが100を振り切っていたけど、60辺りからもう普通に痛かったから、普段の張りの60と違うんだなーとも思った。


「お産を進めるなら体勢を変えるといいのよ」

 

助産師さんに言われる。無理!って即座に思った。体勢変えると痛みが増すんだよ。恐怖以外の何ものでもない。

でもこのままでもどうせ痛いし、それならお産が進んでくれるなら痛さ増してもマシかも???

そうポジティブに捉えて、頑張って体勢を右横向き、左横向き、あぐらで座ってみたり…と変えてみては、痛みに悶絶してた。

 

「スクワットもいいのよ」

 

と薦められたけど、鬼か!って心の中で罵倒した。

体勢変えついでに足湯を薦められた。正直痛くてそれどころじゃないし動きたくないんだけど、また「お産が進むかもしれないから」という魔法の言葉に騙されて(?)足湯をしてもらう。

あとはペパーミントのアロマをつけたタオルで体拭いてもらったり、湯たんぽで腰とかを温めたりしてもらったり、出せる技は色々出してもらう。

そういえば足がだいぶ寒くて辛かった。会陰押さえしてくれる旦那で暖をとってたので、これから出産に臨む人はレッグウォーマーあると便利です。私、先輩ママに言われてたのに見事に忘れました(つД`)ノ


3〜5分間隔の陣痛のときは一瞬気を失うかのように、痛みがないとき寝たりできた。できたというより、後で聞いた話だとそういう風になる物質が体に放出されているそうで。
とはいえ体はもうヘトヘトで痛みと休みをひたすら事務的に繰り返しているだけって感じだったけどね…。

 

12:00

子宮口9.5センチ
頑張った甲斐があるけどまだ全開にならないの…!?イキみたい感が更にハンパない。
息を吐いて逃せと言われつつも「あぁぁぁ」と声を出してイキみたいのアピールしてみる(笑)

もう体が勝手に力が入っちゃう。

お腹痛くてトイレ目の前にした瞬間、今まで我慢できてた便意が増す瞬間ってあるじゃない?あれをトイレの扉の前で我慢しろって言ってるようなもんだよ。無理難題じゃないか。

 

「破水してくれればお産が一気に進むのに…。破水しそうなほどパンパンの割に破水しないね〜」

 

と言われ続けて自分の卵膜に恨みを持つ。人工破水はしない模様。

高位破水してるんじゃないかとずっと今まで心配してた妊娠生活だったけど、それはただの尿漏れだったということがここで確定( ˆoˆ )/

 

しばらくして「イキんでみようか」と言われて、ひゃっほう!ようやく!!とイキみ始める。
初イキみ、声出してしまい失敗。声出したらあかん。
リベンジで2,3回イキんでみたら、

 

ブシュッッッ!!!!!!!

 

っと何かが弾けた。

破水して、その勢いで羊水を2人の助産師にぶっかけてしまったらしい。すみません…ごめんなさい…。

そこからはもうイキむのに必死で陣痛の痛さを感じるのは痛みがくるぞ!っとお腹が張る時だけ。 

イキむときは必ず助産師さんが肛門を押さえてくれた。

たぶんうんこ出たと思うけど、後で聞いたら「大丈夫押さえてたから〜」と言われて、出たか出てないんだかは不明。

いやでも絶対出たと思う。

 

4,5回イキめば出てくるもんだと思ってたけど甘かった、むしろここから第2戦始まった勢い。
イキんでもお産が進んでる感覚なしってのが辛かった。
たまに「これぐらい頭見えるよ」と直径3センチほどの円を作ってもらったときは全然まだまだじゃん!って悲しくなった。
イキみは上手いらしいけど何度も繰り返してやってると酸欠になってくる。

NSTの数値やお腹の張りの感覚で陣痛を感じ、合わせてイキんでたんだけど、間隔なく連続に波がくるときは息苦しかった。
事前に習っていたように、2回息を整えて3回目で吸い、イキみ一度空気を入れ替えてもう一度長くイキむ…を繰り返す。

後半になると、その1サイクル終わったあと「もう一回イキめる?」と助産師に言われ始める。

ぶっちゃけ無理!と思ったけど、ここまできたら苦しいけど早くお産から解放されたくて、3回連続でイキむことも。

6秒イキんで、間髪入れず10秒、さらに10秒。
後で旦那に聞いたら、さすがにそのときは唇が真っ青だったと言っていた。

そりゃな、苦しかったもん!

 

あとちょっと回転すればぴったり頭がハマる!って言われたけど、私の感覚としては全然進んでる気がしない。

段々とうんこが挟まってるかのような(前に便秘で苦しんでうんこが尻穴に詰まってしまったのと同じ感覚だった)感覚。便秘トラウマ思い出し辛い。早く出したいの一心。


副院長、院長がたびたび顔を出す。昼までに生まれなかったね〜と笑われた(笑)すんません!!
助産師さんたちにぐるんぐるんと膣の入り口をこねくり回されるけど痛みとか感じず、とにかく早く出して欲しいと願い続けて必死にイキむ。
その後手の空いた助産師さん?看護師さん?たちがたくさん登場。続いて先生も登場。

どうやらラストスパートらしい。

先生来たしこれで会陰切開かと希望を持つ。

巷のうわさのとおり、会陰切られても一切痛みなし、これで終わるならどんどんやってくれとすら思う。

ここら辺から疲れ果てた体をムチ打って、最後の力を振り絞って一生懸命イキむ。
頭がもう出てきて触れるよと言われるけど、「いいです!」と触る余裕なし(笑)

イキむことに集中!

 

13:00

何か状況が変わったのか助産師さんたちから短足呼吸の指示が…!これは終わった合図だーーー!と思って晴れやかな気持ちになる。

しかしながら、ハッハッしてるときは赤ちゃんの頭が出てるとき。体がまだ出てこないからなんかまだ終わってない!!

なんでかここも長く感じた。

そこからドルゥン!!と噂の感覚とともに赤ちゃんリリース。

本当に13時6分、夜中の3時から10時間かかってお産が終わった瞬間だった。

 

後処理とか

赤ちゃんだけど、旦那はすぐに泣いたと言ってたけど私は泣くまでの時間が長く感じた。
もっとすぐ泣くものだと思ってたんだよなぁ。
無事泣いたとき、ようやくようやく無事に終わったんだと安堵した。赤ちゃんがお腹の上に来て安心できた。
第一声覚えてないけど頑張ったね、とか大変だったね、とかそんなような言葉をかけたんだと思う。

 
赤ちゃんが体重とか測ってるとき後産の処理。これがまた痛いというか辛いというか。胎盤がなかなか出なくて腹を押されたり膣内に手を突っ込まれたり。ここでもさらにイキみたい感覚、でも力を抜いててねって言われてたからイキみ逃しをここでもやるハメに(笑)

途中、助産師さんと話しながらできたから気を紛らわせられてたときは良かった。

あと会陰切開を縫う処理……これもなかなか痛かった。陣痛に比べればただ耐えるだけだから楽なのかもしれないけど、それとこれとはまた違う問題だなと思った。何針縫ったかは不明。
赤ちゃんが大きかったから中も多少裂けてしまったらしい。

まさか後処理がここまで地味に辛いと思わなかったから、早く終われ〜早く終われ〜と念じる時間が続いた。30分強くらいかかったんじゃないかな。

 

お産が終わってから母子手帳を見たら助産師さんからメッセージが書かれていた。

上手なお産でした♡と書かれていたので、優等生だったんじゃないかなと思います。呼吸法勉強していて良かったー!!と心底思った瞬間でした。

もうね、無痛分娩がもっと世の中に広まってくれると良いなと思うよ。それ子宮口6センチくらいのときからずっと思ってたから!!

 

とにもかくにも、母子ともに健康で、旦那とも喧嘩せずお産を終えられて本当に良かったです。お疲れ、みんな!って家族に思ったよね(笑)